濑川雅树每日天声人语分享-2018年8月23日(音付け)(补)-日语Catti与考研

2018年01月20日   admin   25人浏览   0人评论
每日天声人语分享:2018年8月23日(音付け)(补)-日语Catti与考研
戦争画を見る
看战争绘画 
 太平洋戦争末期、俳優の児玉清さんは東京から群馬へ集団疎開していた。ある日、教室で先生から言われた德商省付宝。「悲しいニュースがある。東京に空襲があって、君たちの中に家が焼けてしまった人がいる」。ところが、家が焼けたと伝えられた子たちは喜んで万歳を始めた▼
太平洋战争末期,演员儿玉清被迫从东京集体疏散到了群马。有一天,老师在教室里跟大家说:“有一则令人悲痛的消息。东京遭到了空袭。你们当中有些人的房子遭到了烧毁间谍猎手。”但是刘艺晗,被告知自家房子遭烧毁的孩子们却高兴地直呼万岁尤溪小虎网。
児玉さんもその一人だった叶子隆文安大众论坛。刘冠廷「お国のために役に立ったんだと、誇らしいような気がしてね」炎帝传奇。家が無事だった子たちはしゅんとしていたという(梯〈かけはし〉久美子著『昭和二十年夏、子供たちが見た戦争』)▼
儿玉也是其中一人。“一想到为国家做出了贡献宇桐非图片,便觉到光荣。”家中房子完好无损的孩子们却很郁闷。(梯久美子著《昭和二十年夏,孩子们眼中的战争》)
身に降りかかった災禍を、栄誉と思い込む雅荷四季城。戦時下の異常な発想が、子どもにも浸透していた。この絵にも、そんな空気がまとわりついていたのだろうか。東京都美術館で開催中の藤田嗣治(つぐはる)展で、戦争画「アッツ島玉砕」を見た▼
认为降临在自己身上的灾祸是荣誉。战争时期的这种不同寻常的思想渗透到了孩子们的身上。在这幅画中是不是也带有当时的那种社会氛围呢?我在东京都美术馆举办的藤田嗣治画展中看到了战争绘画《阿图岛玉碎》
北太平洋の島で日本軍2600人が全滅した戦闘に、洋画家は材を取った。暗い色調。敵味方も判然としない兵士たちが、折り重なるように戦う修神至尊刘东立。苦痛に顔が歪(ゆが)む者、絶命した者。いま見ると反戦画かと思えてしまう▼
在北太平洋阿图岛上2600名日军全军覆没的战斗中,西洋画家进行了取材,并且采用了昏暗的色调搜读小说网。无法分辨敌军和战友的士兵们前仆后继地战斗,有人因痛苦而表情扭曲谭力简历,有人丧失了生命。现在来看这幅画,让人觉得是一幅反战画作凌慕华。
藤田が会心の作としたこの絵は陸軍に献納され、戦意高揚に使われた。公開されると、絵の前でひざをついて祈る人もいたと伝わる龙蛇大战。死は、社会に埋め込まれていった桃乐丝公牛血。やがて「一億玉砕」が叫ばれるようになる▼
藤田的这幅得意之作曾被献给陆军用来提高战斗士气。据说这幅画被公开后有人在画前下跪祈祷。死亡被社会所掩盖小则又沐风,后来被叫做“一亿玉碎”。
戦前のパリで名声を得た藤田の絵は、画面に広がる乳白色が特徴だった濑川雅树玖月牙晓。その画風を捨てて打ち込んだ戦争画は称賛され、戦後は手のひらを返すように批判された杨思惠。時代に歯車を狂わされた一人であろう城管希。
战前在巴黎享誉盛名的藤田的绘画,其特征是画面中晕染开来的乳白色。后来他丢弃乳白色的画风全身心投入到了战争绘画中。他的战争绘画虽一度收获了很多赞誉,但是战后却遭到了各种批判。他应该是一位被时代捉弄的人吧。翻译:windy小溪朗读:山芋包编辑:时雨


标签:
吴正元
文章归档